交通事故と損害賠償について

日本はアメリカと並ぶほどの自動車大国です。

アメリカとは国土や人口数と比較にならないほどアメリカが上なのに同じぐらいの自動車保有国は日本ぐらいでそれほど強力な自動車大国です。

自動車は昔から基本的な形は残しながらも飛躍的な技術革新による高性能化や環境に配慮したクリーンエコロジーなど一昔前の自動車では考えられなかったほど自動車の性能は上がりました。

しかしどれだけ自動車が安全になり高性能化し、便利になっても交通事故だけはなくなりません。無論、上記にも述べましたが技術革新による安全性や安全を司るエアバッグやABSなど配備され人の命は大分助かるようになってはいますがそれでも毎日死亡事故が至る所で起きています。

誰もが知っていますが事故を起こせばお互いの人生は変わってしまいます。怪我程度で済む問題なら損害賠償金などで片付きますが死なせてしまった場合はどうしようもありません。交通事故は常に危険と隣り合わせであり、自動車は運転次第で凶器になるという事を常に考えて普段から安全運転を心がけなければいつか自分も事故を起こすという事を思いながら自動車を運転するべきだと私は考えます。

みなさんも自動車に乗り込む前に少しで良いので安全運転と口にしてからハンドルを握りましょう。

参照元…後遺障害(後遺症)とは | 交通事故の慰謝料・弁護士相談ならアディーレ法律事務所