裁判例に詳しい弁護士

交通事故被害の損害賠償を請求するとき、後遺障害の等級認定を受けているかいないかでは、大きな差が出てきます。後遺障害が全くない場合は関係ありませんが、どんなにわずかな後遺障害であろうと、将来的に体に不自由が出る障害が残ると診断されたら、等級認定を受けておかないと損なのです。等級認定の申請自体は、加害者側の保険会社に一任することも可能です。そのとき気を付けておきたいのは、認定された等級が適正なのかを確かめてから、書類に判を押すこと。適正な等級なのかがわからない、明らかに適正な等級とは思えないというときには、弁護士に相談したほうがよいでしょう。

弁護士は、さまざまな判例に基づいて、依頼主にとって最良の結果へと導いてくれます。弁護士なら誰でもいいというわけでもなく、交通事故被害の損害賠償請求にくわしい弁護士であることが望ましいのです。後遺障害の等級認定は、素人には判別がつきにくいほど細かい設定がなされています。交通事故で主に認定されている後遺障害だけでも相当な数があるのです。(関連サイト-交通事故後遺障害の種類|アディーレ法律事務所

医師ですら、わずかな診断違いによって、等級認定に影響を与えてしまうほど。保険会社の主張に意義があれば、反論していけるような弁護士の力が必要です。判例にくわしい弁護士なら、適正な等級認定を受けて、適正な損害賠償請求に導いてくれます。